読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歳初めてお一人様トイレ

おーたんのスイミングを待つ間の
ことでした

Tくん、どーしても男の子のトイレに行く
と言ってきかない

スイミングは1時間
3歳のTくんにとって、この待ち時間は
試練の時間です
どうしても終盤グダグダになってしまう
のです

男の子のトイレ行く!!
Tくん女の子のトイレは行かない‼

一点張りのTくんに、
お母さんは女の子で大人だから
男の子のトイレは入れないの
Tくんはこどもだから女の子のトイレでも
良いですよって書いてるよ
と説得を試みたのですが

いいの!男の子のトイレでいいの!

パッとしてパッと出れば良いじゃん
オノマトペを使い3歳の心に訴えかける

いいの!Tくん男の子だから
女の子のトイレは入れないから

Mmm…

そんなやり取りをなんどか繰り返しました
この間におもらしされては困ります

折れました
立ってならイケるかな

男子トイレの前で
Tくんと目線を合わせ真面目に会話

お母さんは女の子で大人だから
男の子のトイレには入れません
ひとりで立ってできる?

できる。

頷くTくん

この日はLeeのデニムパンツ
一人では硬くて卸せません
外でおろしてから一人でトイレに
向かわせました

「転ばないようにね!」

歩幅の小さな歩みでチョコチョコと
行ってしまったTくんの背中に
そう言ってしばし待ちました

決めたからには腹を括っています
失敗も受け止める覚悟で待ちました

待つこと1分くらいでしょうか
割りと早かったように思います

Tくん、ニコニコ出てきました

チョコチョコ歩きで出てくるかと思いきや、ズボンをちゃんとはいてスタスタと

「お母さんボタンが閉められなかった」

見ると、デニムパンツのボタンが
開いていました

でもパンツもズボンもきちんとはいて
ファスナーも上まで閉められていました

わたし:出たの?

T:出た❤
  でも流れなかった
  流すのわからなかった

わたし:しょうがない。いいよいいよ。
  手は洗った?

T:あ。

わたし:じゃあ手だけ女の子の方で洗おうか。
  頑張ったね

そう言うと、Tくん満面の笑みを浮かべ
頷きました


こうしてときどき感動のステップアップで
母を魅了してくてるこども達

はー疲れる~と思いながら付き合うことも
多い、いや、ほとんどですが
このミラクルがあるからやめられない

子育ては義務や責任だけで続けられる
ものではないのですよね

まあ今回も正直疲れました
でも半分ぐらいは吹き飛びました